HOME > サポート  > 商品Q&A > バーコードリーダー
商品QA
サポート: 商品Q&A
イメージ
-

バーコードリーダー

一覧にないご質問につきましては恐れ入りますが、お問い合せください。

バーコードリーダー
Q
A

低価格での商品提供を行うため、現在郵送による資料提供などはお断りしております。ウェブとメールによる迅速で正確な情報提供を心がけておりますので、商品についてご不明の点がございましたら、何度でもお問い合せください。

-
-
Q
A

どのケーブルも、約1.8mです。
これ以上の長さでのご利用を想定されている場合は、PS2やUSBなどの延長ケーブル・ハブなどが各社より販売されておりますので、それらをご利用下さい。ケーブル長は最大10mです。

-
-
Q
A

弊社によるサポートOSは Windows98以降/Macintoshとなりますので、基本的にはサポート対象外となりますが、キーボードドライバを導入することによってWindows CEマシンで利用出来たというご報告をお客様より頂戴したことがございます。サポート外OSでのご利用による返品・修理等は基本的にお受け出来ないことになっておりますので、お客様のご責任においてお試し頂きますことをご承知置きください。

-
-
Q
A

RS232CモデルにはACアダプタが標準で付属します。また、RS232C用のケーブルをオプションケーブルとしてご購入頂く場合もACアダプタは付属します。

-
-
Q
A

設定可能です。
TABに設定したり、特定のアスキーコードに設定したり、あるいは何も付加しないなど、様々な設定をすることが出来ます。

-
-
Q
A

簡単に取り外し、装着して頂けます。
最初にUSBモデルをご購入頂いていたとしても、後からPS2ケーブルやRS232Cケーブルを追加でご購入頂ければ、それらのインターフェースケーブルもご利用頂けます。(バーコードリーダー本体は、どのモデルも共通です)なお、ケーブルを差替えた場合はマニュアルに従って設定の変更をして頂く必要がありますが差替えたケーブルのバーコードをスキャンして頂くだけで変更完了となりますので、簡単に設定して頂くことが可能です。

-
-
Q
A

利用可能です。
ただし、USBポートでのご利用を推奨致します。
ノートパソコンのPS2ポートは、内部が独自の仕様になっていることが多くそのまま接続するだけではうまく動作しないことがあります。スプリッタと呼ばれる機材を経由することによって、正常に機能する場合もありますが、全ての機種で動作するわけではありません。尚、ノートパソコンのPS2ポートでのご利用に不安がございます場合は、貸出サービスも承っておりますので、実機にてお試し頂くことが出来ます。お気軽にお申し込み下さい。

-
-
Q
A

PCSの数値は、0.5を標準として、値が小さければ、薄い(コントラストの少ない)バーコードを読みやすくなり、値が大きければ、濃い(コントラストのはっきりした)バーコードしか読まなくなります。
数値が高いから性能が良いというものではありません。

-
-
Q
A

お使いのキーボード(レイアウト)種類によって、設定を変えて頂く必要があります。英文マニュアルP14の[KeyBoard Layput]のページをご参照頂き、設定を【日本語】に変更してください。工場出荷時はUSA仕様になっています。

-
-
Q
A

基本的には、直販のみで対応させていただいております。
エンドユーザー様向けに販売される場合は、一度ご相談ください。

-
-
Q
A

キーボードで入力が可能なフィールド・状況であれば、全てそのまま読み取った情報が入力されます。(普通にキーボードで文字を打ち込むのと同様の感覚です)ですので、メーラーやブラウザは勿論、データベースソフトやオフィス系ソフト、メモ帳に至るまで、あらゆる場面でご利用頂くことができます。

-
-
Q
A

外部のキーボードデバイスとして動作しますので、USB、PS2、RS232Cのいずれの接続におきましてもドライバや特殊なアプリケーションのインストールは必要ございません。

-
-
Q
A

ご相談ください。ご連絡お願いいたします。

-
-
Q
A

PCSとは、(白の反射率-黒の反射率)/白の反射率のことです。さらに詳しくお知りになりたい方は、お問い合せください。

-
-
お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ
-
-
-
-
-